東京渋谷の近江牛ホルモンダイニング近江やWabisukeは、近江牛もつ鍋、ホルモン焼き、焼鯖そうめんなど滋賀郷土料理を中心とした、隠れ家居酒屋です。

  • トップ
  • 近江やについて
  • メニュー
  • アクセス
  • お問い合わせ・ご予約
  • 近江やについて
  • メニュー
  • アクセス
  • お問い合わせ・ご予約
近江やWabisukeブログ
ホーム > レポート > 渋谷で、滋賀県の名物「小鮎」の料理を食べてみました。
レポート 2014.05.27

渋谷で、滋賀県の名物「小鮎」の料理を食べてみました。


IMG_6396

こんにちは。

 

みなさんは鮎、って食べたことありますか?
意外と「よく食べます!」って人は少ないのではないでしょうか。

 

渋谷の近江やWabisukeでは、まもなくグランドメニューのリニューアルが行われるのですが、それに先駆けて、滋賀の郷土料理である、小鮎料理が始まっています。

 

今回はそんな琵琶湖の小鮎と、そのお料理についてレポートしたいと思います。

滋賀県の初夏の名物料理

Fotolia_53922983_S

滋賀では初夏になると、琵琶湖産の小鮎が出まわります。
昔から滋賀の郷土料理として地元の人に愛されており、
季節になると、家庭でも小鮎を炊く香りがただよいだします。

 

小鮎というのは、鮎の子供「子鮎」ではありません。
琵琶湖の鮎は成魚でも10cmほどにしかならないので、小鮎と呼ばれています。

 

a0050_000074_m

それでも、稚魚のうちに他の河川に放流すれば、普通のアユと同じくらいの大きさに育つため、
それになぞらえて、滋賀県人は一度県外へ出ると、大きく成功して戻ってくる人が多い、という話もあったりします。

絶妙のほろ苦さ、小鮎のから揚げ

IMG_6396
滋賀では小鮎の天ぷら、小鮎の飴炊き(小鮎の甘露煮)などいくつか郷土料理がありますが、近江やWabisukeでは今回から揚げで提供されています。

 

一口サイズの小鮎のから揚げ、さっそく一口かじると
外はサックリ、中はホクホク。

 

IMG_6398

天ぷらにした時と同じく、ふわっとほろ苦い風味が、大人の味という印象です。

 

レモンをかけてもよし、塩で食べてもよし。
濃いめに行きたい人用に、七味マヨネーズもついてきます。

 

IMG_6400

これは個人的な好みを省いて考えても、
ビール!にぴったりなのは間違いないでしょう。

ガッツリかぶりつく、鮎のおどり串も

IMG_6390
こちらは小鮎ではなく普通の鮎ですが、鮎の塩焼きおどり串もあります。
香ばしく塩焼きにされた鮎は、から揚げ同様、かじったときのホクホク感がたまりません。

 

外側のちょうどよい塩加減とあいまって、どんどんかぶりつきます。

 

中央の大きな骨以外はほとんど食べられるので、
最後は骨以外ほとんど何も残りません。

その他、逸品はまだあります

IMG_2493
というように、小鮎を使った料理はたくさんあります。

 

その他にも、小鮎をいわゆる佃煮のように甘辛く煮た「小鮎の飴炊き」は、地元の人にも特に愛されていますし、
天ぷらもまたほろ苦さが際立ち美味です。

 

IMG_6397

今年の近江やWabisukeでは
「小鮎のから揚げ」と「鮎のおどり串」が提供されています。
上述のとおり季節モノですので、今だけの限定品。

 

次はまた来年になってしまいますので、今のうちにぜひ一度お試しあれ。

 

■小鮎のからあげ
680円(税抜)
≫ その他近江やWabisukeメニューはこちら(鮎は期間限定なので載っていません)

関連記事


ページトップへ戻る