東京渋谷の近江牛ホルモンダイニング近江やWabisukeは、近江牛もつ鍋、ホルモン焼き、焼鯖そうめんなど滋賀郷土料理を中心とした、隠れ家居酒屋です。

  • トップ
  • 近江やについて
  • メニュー
  • アクセス
  • お問い合わせ・ご予約
  • 近江やについて
  • メニュー
  • アクセス
  • お問い合わせ・ご予約
近江やWabisukeブログ
ホーム > レポート > 滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」のオープンイベントに行ってきました。
レポート 2017.11.09

滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」のオープンイベントに行ってきました。


2017年秋、東京日本橋に滋賀県のアンテナショップがオープンしました。
これまで有楽町にある東京交通会館内、小さなショップはあったのですが、今回アンテナショップという形で大々的にオープン。

 

日本橋駅すぐの好立地に、3階建てのビル一棟が、その場所です。

当店も滋賀区(https://shiga-ku.tokyo/)の取材でお世話になった、滋賀県東京事務所の方々が関わられているのもあり、
オープン前日の関係者内覧会と、当日のオープニングイベントにお邪魔してきたので、レポートします。

東京日本橋に滋賀県のアンテナショップがオープン

場所は日本橋駅を出てすぐの場所。道を渡るった目の前にはcoredo日本橋があります。
3階建てのビルが一棟そのままアンテナショップとなっており、各階には物産店やレストランなどが入っています。

 

1F:物産店、地酒バー
2F:レストラン
3F:テラス

 

物産店では、鮒寿司や近江牛、滋賀野菜など、食材はもちろん、黒壁ガラスの食器や信楽焼たぬき、その他滋賀雑貨なども販売されています。

中でも目を引いたのが、滋賀県日本酒マップ。
改めて見てみると、こんなに酒蔵さんがあったのですね。

当店近江やWabisukeにも滋賀の日本酒はたくさんありますが、まだ試したことがないものもたくさんあるので、
順次試してみたいなと、思います。

関係者内覧会とオープニングイベント

関係者内覧会では1F店舗の内覧や、2Fレストランでの試食・試飲をさせていただきました。
滋賀の日本酒はもちろん、実はお茶の世界でもよく使われる近江朝宮茶、近江米おにぎりやエビ豆など、滋賀郷土の味を楽しめました。
やっぱり近江は、お米も美味しい!

そして2017年10月29日、オープンを迎えます。
記念式典には滋賀県観光大使の西川貴教さん、ジャーナリストの田原総一朗さん、そして三日月知事がテープカット。

 

外は大雨でしたが、ちゃっかり「ひこにゃん」も来ていました。

地酒バーやレストランも

2Fはレストランになっていて、滋賀の食材を使ったお料理を楽しむことができます。
特に鮒寿司を使ったお料理が珍しく、鮒寿司の飯(いい)で発酵させた「酸っぱいしゃぶしゃぶ」が気になるところ。

この日はオープニングイベントのため営業は夜からでしたが、ランチもされているそうなので、甘酸っぱい豚しゃぶ、ぜひ食べてみたいところです。

 

また1Fの店舗内には「地酒バー」のカウンターがあり、滋賀の地酒を楽しむことができます。
先にも書きましたが、意外と酒蔵さんの多い滋賀県。
ちょっとしたおつまみと共に、飲み比べをしてみるのもよさそうです。

より滋賀を身近に

ますます東京と滋賀を近づけてくれた「ここ滋賀」。
日本橋という東京の主要な場所で、これからも滋賀の魅力を発信していただき、もっと滋賀が好きな人が増えてくれるといいなと思います。

 

私たち「近江やWabisuke」も、渋谷の街で、引き続き美味しいお食事と共に滋賀の魅力を発信していきたいと思います。

ここ滋賀:http://cocoshiga.jp/
近江やWabisuke:http://wbsk.jp/

関連記事


ページトップへ戻る